WeSC

WeSCはスケートボード界から誕生したストリートファッションブランドだ。今やスウェーデンで最も成功したファッションブランドにも数えられるこのブランドの歩みは、1980年代初頭にスケボーカルチャー発祥の地カリフォルニアにスタートする。そしてそこは、WeSCの共同設立者であり現社長のグレーゲル・ハーゲリーン(Greger Hagelin)が、後にブランドのバックボーンとなる重要なエレメントたちを自然と身につけ始めた場所だ。当時のカルチャーを取り巻くスタイルやスピリット、そして人々は、そのクリエイティビティや開放感、変化を許容する価値観がきわめて特徴的だった。

2000年ごろ、ハーゲリーンはストリートウェアとファッションの両マーケット間にあるギャップを感じ取り、そんな彼と志を同じくする4人の友人、ダーヴィド・ヘードマン(David Hedman)、ポントゥス・カールソン(Pontus Karlsson)、マティアス・ハッレンクロイツ(Mattias Hallencreutz)、インゲマル・バックマン(Ingemar Backman)と共にストリートファッションのブランドWeSCを立ち上げることとなったのだ。そのアイデアは、当時の業界が提供していたストリートウェアに比べて、より敏感で好奇心あふれる成熟したオーディエンスをターゲットにした服をつくることだった。そしてWeSCは “life after skate”つまり“スケボー卒業後の生活” をコンセプトに掲げ、スケボーコミュニティの核となる価値観を保ちつつ、コミュニティの内外関わらずいろんなオーディエンスをターゲットにした新しいスタイルの服づくりに取り組んだ。

WeSCとは“We Are the Superlative Conspiracy”の略語で“オレたちサイコーの共謀者”といったような意味だが、実際はその言葉が意味するほど鋭く主張しているわけではない。これは、彼らと考えを同じくするオーディエンス、そして人種、宗教、経済背景などに一切関係なく新しいものや変化を許容できる“いいヤツら”をターゲッティングする、という彼らの哲学が反映された言葉なのだ。この哲学を最も明確に表現しているのは、ハイファイヴをしている2つの手が抽象化されたWeSCのブランドアイコンだろう。WeSCは、ファッションマーケットで右往左往するトレンドをいたずらに追うことはせず、ひたすらに“形式的だけどカジュアル”といったスタイルを追求している。

WeSCは、厳選した個人にスポンサーとなってブランドの服を提供し、それが奏功してより広いオーディエンスに知られるようになっていった。初期にスポンサーとして服を提供したのはスウェーデンのスケートパンクバンドの「ミッレンコリン(Millencolin)」で、その後はスポンサーをした個人名のリストは徐々に長くなっていった。WeSCにスポンサーされた人は“WeActivist”(We活動家)と呼ばれ、ブランドの非公式な宣伝部隊となり、WeSCのブランド戦略のコアな要素にもなっている。WeActivistとは、有名無名に関わらず、それぞれの道で才能やスキルを発揮して活躍しつつ、WeSCの価値観に共感している、基本的には都会でスマートに生きている人たちのことだ。WeActivistのリストには、映画、音楽、アートといったあらゆるクリエイティブな分野や、もちろんスケートボード界からもベンニ・フェアファクス(Benny Fairfax)や俳優が本職のペーテル・ストルマレ(Peter Stormare)、そして日本からもクリエイターの米原康正氏が名を連ねている。

WeSCはこれまでに、アンダーグラウンド・メインストリームを問わず、企業や個人らと数多くのクリエイティブなコラボレーションを行ってきた。例えば、伝説的グラフィティ・アーティストのStashとMode2にスペシャル・エディションのスーツをそれぞれ1着ずつデザインを依頼したり、ベレー帽で有名な帽子ブランドのカンゴールと限定モノの帽子を生産したり、また日本人デザイナーの倉石一樹氏とのコラボでセーターをリリースしたりもしている。2004年に行ったアディダス・オリジナルズとのコラボレーションは有名で、その際はシューズ11点とメンズ・レディースのアパレルピースの限定バージョンをリリースした。

WeSCが発信するクリエイションはウェアのみにとどまらない。2005年にはWeActivistやWeSCスタッフたちがとびきりの旅情報を持ち寄って旅行ガイドをリリースしたり、ノキアとのコラボで、携帯電話と一緒にアイマスク、パスポートケース、ヘッドフォンなどがセットになったトラベルキットをデザインしている。最近リリースされたスタイリッシュなヘッドフォンセットはコラボに打ってつけで、日本のトイメーカー、メディコム社と共に、同社人気商品のクマのおもちゃBe@rbrickのヘッドフォンバージョンをリリースしている。
(Text : Gustaf Kjellin / Photo : Cheryl Dunn)

公式サイトはこちら ≫

Tags: , , , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *