ABBAと並ぶ70年代を代表するポップアイコンの人生が映画化

70年代を代表するスウェーデンのアーティストといえば言わずと知れたABBAですが、彼らと同様にスウェーデン国内では70年代を代表するスウェーデンポップの代表格として活躍していたのがテッド・ヤーデスター(Ted Gärdestad)です。哀愁漂うメロディーで時代を彩るアーティストとなった彼ですが、97年に自殺。そして彼の死後20年目の2017年に制作されたのが、70年代の彼を追ったドラマ映画「テッド(Ted – För kärlekens skull)」です。彼の代表曲の背景や波乱万丈な人生だけではなく、70年代のスウェーデンの世相をも見ることができます。スウェーデン国内では2018年1月より全国公開されます。

映画「テッド(Ted – För kärlekens skull)」の予告編はこちら

(Text: Yoshihiro Takahashi)

Tags: , , , , , , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *