November 3, 2015

トップDJ、アヴィッチ(Avicii)のセカンドアルバム大ヒット中

マドンナや、サンタナ、コールドプレイなどの大物アーティストとのコラボやプロデュースを果たし、ポピュラー音楽の世界で国際的にも非常に強い影響力を持つアーティストへと成長したストックホルム出身のDJ、アヴィッチ(Avicii)のセカンドアルバ……
read more
December 28, 2014

新年を飾るハウスフェス、ザ・フィールド参戦

以前、スウィードナビでも紹介した、ベルリンをベースに活躍するスウェーデン出身のアーティスト、ザ・フィールド(The Field)が、Barker、Hiroshi Watanabeなど同じくベルリンを拠点に活動するテクノ系のDJ、オーガナイザ……
read more
July 27, 2014

アヴィッチ(Avicii)

スウェーデン発のポップ音楽が北米、アジア、欧州、南米も含め国際的なヒットにつながる例は、1970年代のABBAに始まり、1980年のロクセット(Roxette)、1990年代のエイス・オブ・ベイス(Ace of Base)、2000年代の……
read more
December 14, 2013

アクセル・ボーマン(Axel Boman)

アクセル・ボーマン(Axel Boman)は多くのスウェーデンのハウスDJの中で最も知られている実力のあるアーティ ストの1人だ。ストックホルムを中心に活動を始め 2008 年から現在まで多数のシングルやEP をリリースしてきた……
read more
January 21, 2013

The Knifeのニューアルバム!

今から約 10 年ほど前に、ソニーのCMで使われスウェーデンをはじめヨーロッパ各国で話題をさらったホセ・ゴンザレスの名曲「Heartbeat」の本家本元である、ザ・ナイフ(The Knife)。2000 年代にテクノの分野で最も影響力を持っ……
read more
February 26, 2010

ロビン(Robyn)

ロビンはスウェーデンで最も興味深いメジャー・アーティストの一人だ。彼女はスウェーデン国内外でヒット・ナンバーを連ねているが、中でも最も成功したと言えるのは、おそらくUKチャートで1位にも登り詰めたスウェディッシュ・アーティスト クレールプ(……
read more
February 6, 2010

クナスト (Knast)

オーデンプラン広場と中央駅(T-centralen)の間。“in the middle of nowhere”(何もないあの辺)とさえ揶揄され、ずいぶん長い間市民に忘れられ、寂れていたノラ・バーントリェット広場(Norra Bantorge……
read more
December 10, 2009

コーネル・コヴァクス(Kornél Kovács)

ブダペスト生まれ、ストックホルム育ちの若きDJコーネル・コヴァクスは、今ストックホルムで“知る人ぞ知る”実力派DJだ。1990年代、若干10代半ばにしてストックホルムの小さなパーティなどでDJとしてプレイするようになり、マリアトリェットにほ……
read more
September 10, 2009

ザ・フィールド(The Field)

ザ・フィールドとは、ストックホルム出身のエレクトロニック・ミュージシャンであるアクセル・ヴィルネル(Axel Willner)のもっとも有名なアーティスト名だ。アクセルは、きわめて影響力の強いドイツのテクノ・レーベル「Kompakt」と20……
read more
September 1, 2009

ディセイ (Disey)

どの都市にも、その都市の特性形成に貢献し、中には伝説的な存在ともなった人物が確かに存在する。ストックホルムにおいては、そのような一人にアーティスト・ディセイの存在を欠かすことはできない。昨今のストックホルムのポップ・カルチャーにちょっとは明……
read more
April 1, 2009

ミニログ (Minilogue)

セバスティアン・ムラート(Sebastian Mullaert)とマルクス・ヘンリクソン(Marcus Henriksson)の2人によるテクノ・デュオのミニログは、日本との関係が極めて強く、これまでに23度の来日で100回以上のパフォーマ……
read more
March 1, 2009

フィーヴァー・レイ (Fever Ray)

カーリン・ドレーイェー・アンデション(Karin Dreijer Andersson)は、ヨーテボリのインディーズ・バンド「ハニー・イズ・クール(Honey Is Cool)」のヴォーカリストとしてそのキャリアをスタートさせた。彼女とドラマ……
read more