June 17, 2016

夏のストックホルムはセーデルマルムのフリマで決まり

スウェーデンの夏の休日を楽しむ方法の一つが、フリーマーケットです。ストックホルム市内の穏やかな水辺のエリア、ホーンストッル(Hornstull)では現在毎週、土曜日、日曜日、街頭でのフリーマーケットを開催しています。ストックホルムに住む人た……
read more
April 9, 2012

サルト・クヴァーン(Saltå Kvarn)

エコロジーの意識やエコグッズの人気が年々高まっているスウェーデンにおいて、サルト・クヴァーンはその成功例と言える。そのはじまりは、ストックホルムから南西に1時間ほど下った田舎町にある小さなベーカリー。当時から、ここではバイオダイナミック農法……
read more
January 28, 2010

ヘルマンス (Hermans)

ストックホルムのヴェジタリアンの間で、ヘルマンスは伝説的な存在だ。このレストランはストックホルムでも有数の絶景ポイントで、市中心部の美しい水辺や島々を一望でき、この景色のためだけでもここを訪れるに十分な価値がある。 ヘルマンスではすべてのメ……
read more
December 17, 2009

クラリオン・ストックホルム(Clarion Stockholm)

2003年のクラリオン・ストックホルム完成により、従来はちょっと退屈で個性に乏しかったセーデルマルム南端のスカンストゥルに、モダンでスタイリッシュな雰囲気が醸成されはじめた。建設会社 ホワイト(White)が手掛けたこのホテルは、セーデルの……
read more
November 20, 2009

カフェ・ストリング(Cafe String)

アンティークショップとカフェの融合をコンセプトにこの「Cafe String」は1992年にオープンした。名前にある「String」は1950年代にスウェーデンで大流行したシステム家具の “String” に因んでいる。 ストックホルムっ子……
read more
November 15, 2009

ニッティ・グリッティ(Nitty Gritty)

90年代初頭オープンしたニッティ・グリッティは、ストックホルムでもっとも人気のある、若者向けのスタイリッシュなメンズウェア・ショップだ。旧市街・ガムラ・スタンで創業し、あっという間にストックホルムのファッション業界の話題をさらった。 ここは……
read more
November 1, 2009

インディアン・ガーデン(Indian Garden)

意外かもしれないが、ストックホルムにはインド料理レストランが驚くほど多く、事前情報がなければチョイスもひと苦労だ。とはいえ、どのレストランを選んでも、安い料理とうまいインド産ビールにありつけることは、ほぼ間違いない。しかし、料理のクオリティ……
read more
October 24, 2009

スニーカーズ・アン・スタッフ (Sneakersnstuff、SNS)

スウェーデンではちょっと前まで、誰かに「どんなスニーカーを履いてるの?」と訪ねたら、「スニーカー? トレーナーなら持ってるよ」といった前時代的なやり取りが交わされたことだろう。英語の“トレーナー”とは米語の“スニーカー”とほぼ同義だが、ひと……
read more
October 22, 2009

ホゥンドラ・ヒュース (100 hus)

ホゥンドラ・ヒュースはヨン・ヒグソン(John Higson)とマリー・エリクソン(Marie Eriksson)の2人によってスタートしたプロジェクトだ。“100軒の建物(100 houses)”の名を冠したこの試みは、ホーンストゥル界隈……
read more
October 22, 2009

ペット・サウンズ(Pet Sounds) 

2009年で30周年を迎えるストックホルムの老舗レコードショップ、ペット・サウンズ。30年を記念して、その足跡を記した伝記が2009年10月に出版されたペット・サウンズは、ストックホルマーの間でもっとも有名で、最も愛さているレコード・ショッ……
read more
October 20, 2009

モーファー・ギンコ(Morfar Ginko)

セーデルマルム・エリアでお酒と音楽のどちらも楽しみたいなら、モーファー・ギンコへ。ここは、メディア、アーティスト、ミュージシャンといったヒップ&クールなストックホルマーでいつも賑わっている。 グラウンドフロアにはバーカウンターが二つあり、ボ……
read more
October 15, 2009

ペリカン(Pelikan)

伝統的なスウェーデン料理を守り続けているペリカンは、昔ながらのレストランだ。1904年にこの地にレストランができ、1969年からペリカンの名前で店を開いている。かつては労働者層の男性しか来店しない店だったので、1984年にマリアン・ランドグ……
read more