June 25, 2017

大物を迎えた今年の夏のミュージックフェス

ストックホルム郊外の都市、ノルショーピング(Norrköping)で2013年より開催されているミュージックフェス、ブローヴァッラ(Bråvalla)。今年も6月28日から7月1日までの4日間、The Killers、Linkin Park……
read more
June 17, 2017

ヨン・ヘンリク・フェルグレーン(Jon Henrik Fjällgren)

北欧の現代の音楽シーンにおいて、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド北部のラップランド地方(Lappland)の先住民サーミ人(Same)の伝統歌謡・歌唱法ヨイクは非常にマイナーなものであり、伝統音楽の範疇でしか今までは扱われてこなかった……
read more
April 14, 2017

世界遺産の町のイースタービール

スウェーデンではイースターの祝日を迎え各家庭ではニシンや卵などを中心とした料理が振る舞われますが、そんな脂肪分の高い料理群の消化を助け季節の彩りを添えるのがイースタービール(Påsköl)です。90年代にデンマークのカールスバーグ社(Car……
read more
April 4, 2017

スウェーデン少数民族の少女の苦悩を描く社会派映画公開

スウェーデンの先住民族、サーミ人への差別をテーマにした歴史ドラマ、サーミ人の血(Sameblod)が現在スウェーデン全土で公開され話題を集めています。1930年代のスウェーデンで、全寮制の学校に通う14歳のサーミ人の女の子の苦悩を描いた社会……
read more
February 7, 2017

スウェーデンのお菓子、今年のセムラ。

スウェーデンでは今年もセムラの季節がやってきました。カルダモンの風味を漂わせるパンの中にアーモンドペーストと、生クリームをたっぷりとあしらったこの伝統的なお菓子は年明けから2月にかけて食べられる国民的なお菓子として親しまれ、国内各紙ではセム……
read more
November 11, 2016

トーヴェ・ロー(Tove Lo)

世界で成功を収めるスウェーデン出身のアーティストはそれほど珍しいものではなくなっているが、アーティスト、ソングライターとしてここまで国際的な注目を集めるスウェーデン女性はトーヴェ・ロー(Tove Lo)を除いて他にはいない。例えば彼女の代表……
read more
October 25, 2016

スウェーデンの国民的バンド、ケント(Kent)の解散ツアー

スウェーデン国内、北欧では最も知名度の高いオルタナティブ・ロックバンドの一つであるケント(Kent)が現在、解散発表後のフェアウェル・ツアーを開催中です。1990年に結成、その後スウェーデン語で歌う気だるいロックサンドで一躍人気バンドの仲……
read more
October 5, 2016

今年のクリスマスワイン

毎年恒例の、スウェーデンのクリスマスワイン、グレッグ(Glögg)の今年の味が発表されました。以前には柚子など日本からのインスピレーションも取り入れたBlossaブランドの今年のグレッグシリーズ、2016年は原点に立ち返り、北欧など寒い地……
read more
June 21, 2016

音楽界のノーベル賞にスウェーデンのトップ・プロデューサー

音楽界のノーベル賞ともいわれる、スウェーデンの音楽賞、ポーラー音楽プライズ(Polar Music Prize)の授賞式が行われ、今年の受賞者、音楽プロデュース業の重鎮、ストックホルム出身のマックス・マーティン(Max Martin)の名曲……
read more
May 27, 2016

エルヴィーン(Elvine)

年の平均気温が日本に比べても低い地域がほとんどを占める北欧では、クロージング・アイテムとして非常に珍重されるのがジャケットである。サマー・ジャケットと呼ばれるような真夏にも必要となるようなアイテムが存在することからもわかるように、スウェーデ……
read more
April 5, 2016

スウェーデン人女優、アカデミー賞受賞

スウェーデン出身の著名人がハリウッドに進出することは、珍しいことではなくなりましたが、ヴェネチア国際映画祭や、米国ゴールデングローブ賞などでも注目を集めた映画「リリーのすべて(The Danish Girl)」で主役級の役を務め、アカデミ……
read more
February 16, 2016

スウェーデンのイラスト展示

ストックホルムはセーデルマルム地区にある、漫画・コミックの博物館、セリエギャラリーエット(Seriegalleriet)では3月16日までの約1ヶ月間、スウェーデンのイラストレーター、ヤーコブ・二ルソン(Jakob Nilsson)の作品……
read more