米アカデミー賞にスウェーデン発ドキュメンタリー映画

今週の日曜日、第85回アカデミー賞の受賞者が発表されます。スウェーデンからドキュメンタリー部門でノミネートされているのは、スウェーデンの若手監督マリク・ベンジェルール(Malik Bendjelloul)ドキュメンタリー映画「シュガーマン:奇跡に愛された男(原題:Searching for sugar man)」です。受賞すれば何年もスウェーデンが経験していない快挙ですが、可能性は十分に。アメリカ出身でありながら、本国ではほとんど無名、南米では1970年代、ビートルズと並ぶ大スターであったロドリゲス。しかし、その後音楽界から姿を消します。そんな彼の姿を追ったドキュメンタリー映画です。2012年サンダンス映画祭で上映され、日本では来月の16日に公開されます。スウィードナビでもマリク監督を応援します。こちらが映画の予告編です。そんな幻の大スターが気になる方は、ロドリゲス(Sixto Diaz Rodriguez)の1970年にリリースされたアルバム「Cold fact」をどうぞ。

(Text: Gustaf Kjellin)

Tags: , , , , , , , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *