ソフォ / セーデルマルム(Sofo / Södermalm)

デザインを手に入れよう!

このエリアがフォーカスされ始めたのは90年代初頭のこと。 スコーネガータン通り(Skånegatan)に当時あったバー、ハンナス・クローグ(Hannas Krog)にはインディーズ・バンドのメンバーなどのロック・キッズがたむろしていて、ここではなんとブラー(Blur)やスウェーデンのバンド、ケント(Kent)ポップスィクル(Popsicle)などがライヴを行っていた。そのためか、この近辺は冗談交じりに「ストックホルムのカムデン」とさえ呼ばれていた。

2000年に入ると、ファッションやデザインのクールなショップが軒並みオープンし始め、ソフォは音楽の街からショッピングの街へとシフトする。そしてそれらショップのオーナーやスタッフたちが、ニューヨークのソーホー(Soho)を真似て使い始めた愛称が一般に広がったのが、ソフォ(Sofo)という名前の始まりと言われている。

ソフォという名前は「Folkungagatan通りの南側」を表す英語“South of Folkungagatan”の略語で、このエリアの地理的なものに由来している。ソフォの中心にはニートリェット広場(Nytorget)という広場とは名ばかりの小さな公園があり、夏の間は公園内はもちろんのこと、公園に面したバーやレストランのテラス・スペースにまでも人で埋め尽くされる。

ソフォの公式WEBサイトの“SoFo karta”をクリックすると、ショップやレストラン、バーなどの情報が盛り込まれたエリアマップ(PDF形式)をダウンロードできる。

ソフォを楽しむならこちら!
※ 外:外部サイト、英:英語、ス:スウェーデン語、日:日本語

■カフェ
ギルダス・ルム
カフェ・ストリング
■ショッピング
サルト・クヴァーン
スニーカーズ・アン・スタッフ(スニーカー)
ペット・サウンズ(新品/中古レコード)
スィヴレット(外・英/ファッション・雑貨)
フィフス・アヴェニュ・シュー・リペア(外・英/ファッション)
ヌーディ・ジーンズ(外・英/ファッション)
フェイド・レコード(外・英/レコード*エレクトロニク・ダンス)
■レストラン
ペリカン

Tags: , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *