スウェーデン少数民族の少女の苦悩を描く社会派映画公開

スウェーデンの先住民族、サーミ人への差別をテーマにした歴史ドラマ、サーミ人の血(Sameblod)が現在スウェーデン全土で公開され話題を集めています。1930年代のスウェーデンで、全寮制の学校に通う14歳のサーミ人の女の子の苦悩を描いた社会派ドラマです。現代社会にも続く複雑な人種差別の問題を考えさせられる一作となっています。

予告編はこちら

(Text: Yoshihiro Takahashi)

Tags: , , , , , , , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *