バルト海孤島の穴場カフェ

Knutens bensinスウェーデンの映画史に残る監督、イングマール・ベルイマン(Ingmar Bergman)の愛したバルト海に浮かぶ島、フォールエー島(Fårö)にあるカルト的なカフェがクヌーテンス・ベンシーン(Knutens Bensin)。美しい水辺にある、一本道の野原にポツンとたたずむこのカフェは、50年代のロック文化をテーマにした外観で、島を訪れる多くの人たちの心に残る場所となっています。また夏期にはパーティーやコンサートなど多くのイベントが行われます。ストックホルムから一足伸ばしてみては。

ホームページはこちら>>
Facebookのページはこちら>>

(Text: Yoshihiro Takahashi)

Tags: , , , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *