スウェーデン映画賞Guldbaggen 2015

毎年恒例の、スウェーデン最大の映画賞、ギュルドバッゲン(Guldbaggen)の授賞式が2月26日に行われました。今年の注目は、最優秀作品賞、最優秀脚本賞、最優秀監督賞に輝いたドラマ映画「Force Majeure(Turist)」です。家族での休暇中に雪山で起こった雪崩から、父親が家族を顧みず逃げ出したことから人間関係に様々な亀裂が生じるという家族ドラマで、父親に家族内で期待される役割とそのギャップを描いています。また、最優秀主演女優賞には、ストックホルムを舞台にした青春ドラマ映画「Something Must Break(Nånting måste gå sönder)」で主演を演じたサーガ・ベッケル(Saga Becker)が選ばれ、ギュルドバッゲン(Guldbaggen)史上初、男性から女性への性転換を遂げた俳優の受賞者となりました。

「Force Majeure(Turist)」の予告編はこちら>>
「Something Must Break(Nånting måste gå sönder)」の予告編はこちら>>
スウェーデン映画賞Guldbaggenのホームページはこちら>>

(Text: Yoshihiro Takahashi)

Tags: , , , , , , , , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *