ユールゴーデン(Djurgården)

散策なら緑溢れるこの島へ

ユールゴーデンはストックホルム中心部ほど近くに位置する島で、他のエリアと大きく異なるのは、この島の多くが森林や公園であるところだ。ユールゴーデンの北にある広大な自然公園の一部でもあり、ここは1994年に「国立都市公園」として保護されることが決まったエリアでもある。

ユールゴーデンにはストックホルムの“2大ユニーク博物館”があるので、特に夏の間は大勢の観光客でにぎわっている。広大な敷地面積を誇る野外博物館スカンセン(Skansen)はユールゴーデンの西側をほぼ覆い尽くしており、島の北西部には現存する世界最古(17世紀)の船舶「ヴァーサ号」を収容したヴァーサ博物館(Vasamuseet)がある。

確かにツーリスティックではあるが、ユールゴーデンはストックホルマーの間でも人気の島だ。島の南西部にある遊園地グレーナ・ルンド(Gröna Lund)も人気の理由の一つだが、何よりも自然をこよなく愛するストックホルマーにとってこの島の緑には文句のつけようがなく、恋人と二人でゆっくりと長い時間をかけて歩くユールゴーデンでの散歩は今や定番だ。

ツーリストだけでなくストックホルマーにも人気があるスルッセン発の渡し船に乗り、船に揺られること10分でユールゴーデンに到着。それから島内を自然と戯れながらゆっくりと散策し、埠頭沿いを走るセレブなストランドヴェーゲン通りを歩いて中心部へ、というのが人気の散歩コースになっている。

先に挙げた2つの博物館以外にも、この島には見るところに事欠かない。ヴァーサ博物館の隣には北欧民族博物館(Nordiska museet)があり、遊園地グレーナ・ルンドの隣にはリリェヴァルス(Liljevalchs)というアート・ホールが、そして島南部にはこぢんまりとした素敵なアート・ミュージアムのヴァルデマシュッデ(Waldemarsudde)もある。

この島に散歩に行くのなら、島北部でスカンセン博物館の東側に位置するロセンダールというエリアがおすすめ。美しいロセンダール城(Rosendals Slott)やチャーミングなロセンダール庭園(Rosendals Trädgård)があるので、城や庭園の散策を楽しめる。この庭園では有機農業を実施していて、市民にそれらを提供する目的も持っている。カフェやベーカリー、そしてプラントショップもあり、ストックホルムの他の地域とは違った、素晴らしい一日を満喫できるだろう。

ユールゴーデンを楽しむならこちら!
※ 外:外部サイト、英:英語、ス:スウェーデン語、日:日本語

■博物館
スカンセン博物館(外・英)
ヴァーサ博物館(外・英)
北欧民族博物館(外・ス)
■アート
リリェヴァルス(外・ス)
ヴァルデマシュッデ(外・ス)
■遊園地
グレーナ・ルンド(外・英)
■レストラン
ブロ・ポッテン(外・ス)
■その他
ロセンダール城(外・ス)
ロセンダール庭園(外・ス)

Tags: , , , , , , , , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *