September 18, 2009

セーデルマルム(Södermalm)

文化と芸術の発信地 ストックホルマーから“セーデル”の愛称で親しまれているセーデルマルム(Södermalm)島エリア。 今でこそ映画俳優などの有名人が好んで住むようなヒップなエリアだが、19世紀にスウェーデンにも押し寄せた産業革命の影響で……
read more
August 23, 2009

ストゥーレプラン(Stureplan)

“美人と有名人”が集うセレブ・エリア ストゥーレプランは、騒がしいスィティ・エリアと閑静なエステルマルムの境界にある小さな広場のことだ。この広場の中心には、1937年に建築家ホルゲル・ブロム(Holger Blom)が製作した“キノコ”を意……
read more
August 14, 2009

ガムラ・スタン(Gamla Stan)

中世の街並みを残す観光街 17~18世紀建立の歴史的建築物がひしめくように建ち並び、その足下に這い廻るノスタルジックの雰囲気を醸す路地。そう、ガムラ・スタンとは、ストックホルムで最も有名な観光地のひとつなのだ。その上、以前からここには雰囲気……
read more
August 12, 2009

スィティ(City)

ちょっと個性に欠けるデパートの街 ビジネスマンや買い物客で賑わうストックホルムの中心部、スィティ・エリア。ここはストックホルマーが好き好んでハング・アウトするような場所ではなく、ショッピング・モールやデパートにショッピングに来る人々で混雑す……
read more
August 12, 2009

クンスホルメン(Kungsholmen)

“チープ”と“ポッシュ”が同居する街 クンスホルメンはストックホルム市西部に位置する比較的大きな島で、市内で最後に都市化したエリアだ。1930年代まで島内にはあまり建物がなく、牧歌的な田園風景が広がっていた。 郊外から乗り入れる“緑線”と“……
read more
July 25, 2009

ホーンストゥル / セーデルマルム(Hornstull / Södermalm)

ヒップスターズ・パラダイス ここホーンストゥルは、道幅が広く交通量が多いロングホルムスガータン通り(Långholmsgatan)とソーデルマルム中心部のスルッセンへ通じるホーンスガータン通り(Hornsgatan)が交差するため、うるさく……
read more
July 25, 2009

メードボリャプラツェン/セーデルマルム(Medborgarplatsen / Södermalm)

セーデルマルムの“へそ” 日常会話で“メディス”と呼ばれるメードボリャプラツェン広場は、まさにセーデルマルムの中心部に位置している。セーデルマルムに出掛ける際には、この地下鉄駅で待ち合わせをするのがストックホルマーにとっては一般的だ。メード……
read more
July 24, 2009

ソフォ / セーデルマルム(Sofo / Södermalm)

デザインを手に入れよう! このエリアがフォーカスされ始めたのは90年代初頭のこと。 スコーネガータン通り(Skånegatan)に当時あったバー、ハンナス・クローグ(Hannas Krog)にはインディーズ・バンドのメンバーなどのロック・キ……
read more
July 20, 2009

マリアトリェット / セーデルマルム(Mariatorget / Södermalm)

“新旧混在型”ちょっとオトナの街 マリアトリェット広場とその周辺はセーデルマルムの中央北側に位置する落ち着いたエリアだ。またここは、古くからある店と最近オープンしたトレンディーなショップが混在するエリアでもあり、歩いているだけで落ち着いた気……
read more
July 13, 2009

ヴァーサスタン(Vasastan)

IT系リッチメンのホームタウン ヴァーサスタンはストックホルム最北部を広範に占めるエリアだ。ヴァーサスタンと他のエリアとの境界線については多くのストックホルマーがあいまいな認識しか持っていないが、その中心部がウーデンプラン広場(Odenpl……
read more
July 9, 2009

ユールゴーデン(Djurgården)

散策なら緑溢れるこの島へ ユールゴーデンはストックホルム中心部ほど近くに位置する島で、他のエリアと大きく異なるのは、この島の多くが森林や公園であるところだ。ユールゴーデンの北にある広大な自然公園の一部でもあり、ここは1994年に「国立都市公……
read more
June 25, 2009

テレフォンプラン(Telefonplan)

クリエイターズ・ファクトリー かつてほとんどのストックホルマーがその存在すら知らなかった街テレフォンプランは、ほんの数年の間に話題に事欠かないエリアへと変わった。 ここをストックホルムのデザインの発信地にしようという議論は以前からなされてお……
read more