June 24, 2010

テディベアズ (Teddybears)

1991年結成のテディベアズは、ハードコア、パンク、メタル等のサウンドで活動をスタートし、2000年リリースのサードアルバム「Rock’n’Roll Highschool」に至ってはヒップホップやレゲエ、エレクトロニックミュージックの影響が……
read more
May 7, 2010

ドゥンイェン(Dungen)

ドゥンイェンの音楽を耳にする時、おそらくスウェーデン人の多くは本能的に60~70年代のスウェーデン音楽を思い浮かべるだろう。そこには、当時のサイケデリック・ロックやプログレッシブ・ロック、フォークミュージックからの影響が確かにあり、ボー・ハ……
read more
March 19, 2010

ザ・レディオ・デプト(The Radio Dept)

レディオ・デプトは、およそ10年前からスウェーデンのインディーズ・シーンでは知名度の高いバンドであり続けている。これまでに彼らがビッグ・ステージを飾ることはなく、その時々のトレンドとは無縁の活動をしながらも、クオリティの高い作品をリリースし……
read more
February 26, 2010

ロビン(Robyn)

ロビンはスウェーデンで最も興味深いメジャー・アーティストの一人だ。彼女はスウェーデン国内外でヒット・ナンバーを連ねているが、中でも最も成功したと言えるのは、おそらくUKチャートで1位にも登り詰めたスウェディッシュ・アーティスト クレールプ(……
read more
January 15, 2010

ヴェロニカ・マジオ (Veronica Maggio)

>スウェーデン人とイタリア人のハーフの27歳、“POPSの奇跡”ヴェロニカ・マジオ(Veronica Maggio)は、スウェーデンに大きな驚きをもたらした。デビュー作「Vatten och bröd」をリリースした当時こそ、甘くてキ……
read more
December 3, 2009

サッド・デイ・フォー・パペッツ (Sad Day For Puppets)

1980年代も終わりを迎えようとしている頃、シューゲイザー(Shoegazer)という新しいスタイルの音楽がイギリスに現れた。このスタイルを確立したと言われているのが、1988年にデビューアルバム「Isn’t Anything」をリリースし……
read more
October 15, 2009

ビッグ・バード (Big Byrd)

バンドとしては新しいビッグ・バードだが、メンバーらはそれぞれ、スウェーデンのロック・シーンにおいて決して新しい顔ぶれではなく、むしろ、様々な有名ロック・バンドのメンバーが集まってできた豪華なグループなのだ。ギターのヨアキム・オールンド(Jo……
read more
October 8, 2009

ラーレ(Laleh)

ラーレはいわば、今日のスウェーデン音楽業界におけるアンチ・テーゼだ。一線で活躍している他のアーティストらと同様の手続きを踏まずに、換言すれば音楽業界に見えずとも厳然としてある“規則”に縛られることなく、彼女はスウェーデン全国区にまでその名を……
read more
August 18, 2009

エル・ペロ・デル・マール (El Perro del Mar)

2003年にこのワンマンバンド「エル・ペロ・デル・マール」をスタートさせたのは、イェテボリ郊外の小さな町メルンダールに育ったサーラ・アスブリン(Sarah Assbring)だ。この一風変わったバンド名はスペイン語で「海の犬」という意味で、……
read more
July 6, 2009

アンナ・ヤルヴィネン(Anna Järvinen)

2007年にリリースされたアンナ・ヤルヴィネンのデビュー・アルバム「Jag fick feeling」に対するスウェーデン・メディアの評価はきわめて高く、それは一種異様とも言えるほどであった。このアルバムは、インディーズでのリリースであるに……
read more
March 1, 2009

フィーヴァー・レイ (Fever Ray)

カーリン・ドレーイェー・アンデション(Karin Dreijer Andersson)は、ヨーテボリのインディーズ・バンド「ハニー・イズ・クール(Honey Is Cool)」のヴォーカリストとしてそのキャリアをスタートさせた。彼女とドラマ……
read more