May 27, 2016

エルヴィーン(Elvine)

年の平均気温が日本に比べても低い地域がほとんどを占める北欧では、クロージング・アイテムとして非常に珍重されるのがジャケットである。サマー・ジャケットと呼ばれるような真夏にも必要となるようなアイテムが存在することからもわかるように、スウェーデ……
read more
December 20, 2015

マルメ西港地区(Västra Hamnen)

1970年以前は造船メーカー、コックムス(Kockums)をはじめとし、スウェーデンを代表する重工業地帯の中心地であり、工業都市として知られていたデンマークとの国境に近い港町マルメ(Malmö)。現在は、IT産業や文化政策に力を入れ、デンマ……
read more
August 14, 2015

ア・デイス・マーチ(A Day's March)

ア・デイス・マーチは、昔からの友人であるペッレ・ルンドクヴィスト(Pelle Lundquist)とステファン・パグレウス(Stefan Pagréus)のふたりでデザインチームが組まれるスウェーデンのファッションブランド。2014年4月に……
read more
June 29, 2015

ホープ(Hope)

2000年代にスウェーデンで生まれ、新世代の北欧ファッション文化を築いたブランドは数知れないが、その中でも典型的なスウェーデン / 北欧デザインの伝統に則ったブランドとして人気を集めるのがホープである。2001年に友人であったアン・リングス……
read more
February 8, 2015

レステレーズ(Resteröds)

スウェーデンのファッション史において、非常に長い歴史を持つブランドがある。主にアンダーウェア類を手がけるレステレーズである。現在のような服飾の分野における大量生産が浸透する遥か以前の1935年に、西海岸の小さな村、レステレード(Rester……
read more
December 19, 2014

アルテヴァイサオーメ(Altewaisaome)

ここ数年で、特にファッション界からの注目が熱いスウェーデンのブランドが、アルテヴァイサオーメ(Altewaisaome)だ。スウェーデンで生まれ育ち、デザイナーをめざし、イタリアで修行をしていたナタリア・アルテヴァイ(Natalia Alt……
read more
September 30, 2014

ハッピー・ソックス(Happy Socks)

近年、H&MやCheap Monday、Monki に代表されるような、スウェーデン発のカジュアルファッションブランドが国境を越えて市場に大きな影響力を持つようになった。これは2000年代後半になって目立って見られるようになった傾向……
read more
June 29, 2014

サンドクヴィスト(Sandqvist)

北欧のデザインの伝統は、自然に根ざしたライフスタイルと切っても切れない関係にある。ストックホルムやヨーテボリのような都市部でさえも、森や湖、海などの自然と近い距離にあり、森で散歩をしたり、水辺でキャンプをしたりなどのアクティビティは一般市民……
read more
October 30, 2013

イサベル・ヤルダ・ヘリーサス(Isabell Yalda Hellysaz)

毎年8月に行われる恒例のストックホルム・ファッション・ウィークにおける今年の注目の新星が、イラン系スウェーデン人のデザイナー、イサベル・ヤルダ・ヘリーサス(Isabell Yalda Hellysaz)だ。ロンドンでグラフィックの勉強をし……
read more
May 15, 2012

カトリーン・グレイリング (Katrin Greiling)

カトリーン・グレイリングは正にカリスマ性に満ちた人物で、言うまでもなくそれは彼女の作品たちにもありありと表れている。ドイツに生まれストックホルムで学んだカトリーンは、今では家具デザイナー、インテリアデザイナー、そしてフォトグラファーといった……
read more
December 30, 2011

ハンナ・へードマン(Hanna Hedman)

ストックホルム出身のジュエリーデザイナーであるハンナ・へードマンは、そのユニークで美しいハンドメイド作品で業界に新風を吹かせている。薄い銀のレイヤー、銅のカバー、合成素材などで作られたネックレス、ブローチなどのコレクションが彼女の特徴である……
read more
December 2, 2011

ストックホルム・ウォーターフロント(Stockholm Waterfront)

近年のストックホルムの建築シーンは、かつてないほど斬新かつ興味深いものになっている。ストックホルムの為政者たちは、少なくともこの30年の間、この街の建築計画にきわめて慎重で保守的な姿勢を貫いてきた。というのも、新たに建設をする場合、その建物……
read more