ベーカリー&スパイス(Bakery & Spice)

天然酵母、サワードウのスウェーデンにおける人気はこれまでもスウィードナビで紹介してきた。添加物を使わずに、カビの生えにくい長持ちするパンを作る、北ヨーロッパでは昔から伝わってきた知恵が再評価され始めたためだ。そんななかでも注目のベーカリーが、サント・エリクスプランにある。2008年にグスタフ・ピエシュ(Gustav Pietsch)とエーミル・ターゲソン(Emil Tagesson)がオープンしたこの小さなベーカリーは、エコ農法で作られた材料だけを丁寧に選び抜き、自慢の石釜で焼かれた天然酵母のパンや菓子パンを、毎日ストックホルム市民に届けている。

ベーカリー&スパイスの名物は、週替わりの天然酵母パンである。小麦粉、ライ麦粉、小麦酵母、ライ麦酵母、塩などのベースに毎週様々な材料が加えられる。例えば秋の味覚、リンゴが美味しい季節には、シナモンとリンゴを加えた季節のパン、またアニスやクミンなどのスパイスを使った香り高いパンなどが週替わりで出されている。また菓子パンも充実しており、お馴染みのシナモン・ロールやブラウニーの他にも、カルダモンパンなど、スウェーデン社会でお馴染みのフィーカ(お茶)の時間に嬉しいメニューも揃っている。またスウェーデンの夕食の食卓に欠かせないバゲットや、朝食にサンドイッチとして食べられることも多い北欧名物のクラッカー状のパン、クリスプ・ブレッド(Knäckebröd)などもあり、朝から晩まで1日4食分のニーズを満たす品揃えの良さも人気のポイントだ。

ベーカリー&スパイスのパンは一般の客だけではなく、レストランやカフェなどからの人気も高く、F12、オーペラシッラレン(Operakällaren)、ボニアー美術館(Bonniers Konsthall)などストックホルムの人気スポットでも味わうことが出来る。白く、ふわっとしたパンが主流である日本のベーカリーとは全く違う美学であるが、北欧の気候の中で育てられたベストな材料を使った、食物繊維豊富な身体に優しいスウェーデンの味を望むのであれば、オススメのスポットである。

(Text: Yoshihiro Takahashi  Photos: Bakery&Spice)

エリア: サント・エリクスプラン
地下鉄駅: サント・エリクスプラン(St.Eriksplan)
営業時間: 月~金曜07:30~18:00、土曜08:00~15:00、日曜08:00~13:00
住所: Torsgatan 46

公式サイトはこちら>>
Facebookの公式ページはこちら>>

Tags: , , , , , , , , , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *