クナスト (Knast)

オーデンプラン広場と中央駅(T-centralen)の間。“in the middle of nowhere”(何もないあの辺)とさえ揶揄され、ずいぶん長い間市民に忘れられ、寂れていたノラ・バーントリェット広場(Norra Bantorget)。しかし、2008年に「クラリオン・サイン・ホテル」がオープンするのを皮切りに、広場周辺にヒップな空気が漂い始めた。この店、クラブともバーともつかないクナストも、時を同じくして広場周辺にオープンした。(2009年に広場自体もリニューアルした)

“地下のアジト”を思わせるこの店は、一般的なストックホルマーに言わせると、その雰囲気やインテリアがストックホルム的ではなく、それはまるでロンドンにでもありそうなクールなバーをイメージさせる。いずれにせよここは、いつ行っても何か面白いものに出会える、そう思わせる店だ。

店に入ると、まず壁一面に描かれた巨大なグラフィティ・アートに圧倒される。それは80年代に一時話題を集めた近未来SF映画「トロン(Tron)」をモチーフにしていて、一種異様な雰囲気を醸し出している。本格的なダンスフロアはないので、バーカウンターの周辺でグラス片手に踊りだす客も少なくない。真赤なソファもあるので、そこにゆったりと腰を沈めてVJパフォーマンスを心ゆくまで堪能するのもいいだろう。

音楽のジャンルはレゲエから最新のインディーズ・テクノまで様々。「スナプス(Snaps)」や「メトロ(Metro)」といった伝説的クラブを手掛けてきたヨアキム・ヘイネマン(Joakim Heinemann)の手腕により、今ではストックホルムの“ホット・スポット”となっている。

(Text: Gustaf Kjellin)

エリア: スィティ
地下鉄駅:へートリェット(Hötorget)
営業時間: 21:00~01:00、定休日なし
住所: Upplandsgatan 7

Tags: , , , , ,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *