2018/01/04

スニーカースエンスタッフ(sneakersnstuff) IN NYC

AdidasやNikeなど世界的なスニーカーブランドとのコラボを果たしてきた、ストックホルム発のスニーカーメーカー/ショップ、スニーカースエンスタッフ(sneakersnstuff)がそのルーツともなるニューヨークに初の店舗をオープンしまし……
read more
2017/12/20

サビーナ・ドゥンバ (Sabina Ddumba)

現在活躍するアーティストの多くがルーツとするジャンルを持つが、サビーナ・ドゥンバ(Sabina Ddumba)の音楽的ルーツは多文化主義の今日のスウェーデンの賜物ではないであろうか。ストックホルム郊外のナッカ市(Nacka)にウガンダ系の両……
read more
2017/12/15

ABBAと並ぶ70年代を代表するポップアイコンの人生が映画化

70年代を代表するスウェーデンのアーティストといえば言わずと知れたABBAですが、彼らと同様にスウェーデン国内では70年代を代表するスウェーデンポップの代表格として活躍していたのがテッド・ヤーデスター(Ted Gärdestad)です。哀愁……
read more
2017/11/27

スウェーデンの伝統を感じる今年のクリスマス・メニュー

現在、ストックホルムの歴史ある建造物、ガムラ・リクスアルキーヴェット(Gamla riksarkivet)では12月24日まで恒例のクリスマス・メニュー(ランチ、ディナー)を味わうことができます。ニシン酢漬けや、燻製サーモンやミートボールな……
read more
2017/10/30

セーデルバリ&サラ (Kafferosteriet Söderberg & Sara)

スウェーデン最南端の海岸線を、第3の都市マルメ市内から車で約1時間、隠れ家カフェ、セーデルバリ&サラ (Kafferosteriet Söderberg & Sara)に着く。スウェーデンにしては珍しく、森と湖ではなく、どこまでも続……
read more
2017/10/21

スウェーデンのイクメンたちを捉えた写真展

男女平等な福祉国家として知られるスウェーデンですが、そんなスウェーデンンのイクメンたちの姿を捉えた写真展、「Swedish Dad」が今秋より東京や首都圏を中心に日本全土を縦断します。父親しか取得できない父親休暇が3か月割り当てられるなど、……
read more
2017/10/02

ストックホルムの地産地消レストラン

現在、ストックホルムで話題のレストランの一つが地産地消やサステイナブルをコンセプトにしたレストラン、アグリクルチュール(Agrikultur)です。スウェーデン産の野菜や、肉、魚類などを華やかに調理したメニューが人気を集めています。コースメ……
read more
2017/09/18

ターザン主演俳優、エミー賞受賞

話題作ターザン:Rebornで主演のターザンを演じるなど、ハリウッドでの活躍も目覚ましいストックホルム出身の俳優アレクサンダー・スカーシュゴード(Alexander Skarsgård)が米国のダークコメディードラマシリーズ「ビッグ・リトル……
read more
2017/08/31

リッベシュボリ・サウナハウス(Ribersborgs Kallbadhus)

建築はその国や地域の文化の継承者でもあるが、北欧の人々の間で受け継がれてきた文化の象徴ともいえる建築物がマルメ市内にある。リッベシュボリ・サウナハウス(Ribersborgs Kallbadhus)とも訳すことができるこの木造建築は1867……
read more
2017/08/12

今年のストックホルム・ファッションウィーク

8月30日より3日間、毎年恒例のストックホルムファッションウィークが開催されます。ワイレッド(Whyred)やホープ(Hope)などスウィードナビでも紹介したブランドの新作が発表されるほか、ジュウェリー、アクセサリーラウンジの設置や、伝説の……
read more
2017/06/25

大物を迎えた今年の夏のミュージックフェス

ストックホルム郊外の都市、ノルショーピング(Norrköping)で2013年より開催されているミュージックフェス、ブローヴァッラ(Bråvalla)。今年も6月28日から7月1日までの4日間、The Killers、Linkin Park……
read more
2017/06/17

ヨン・ヘンリク・フェルグレーン(Jon Henrik Fjällgren)

北欧の現代の音楽シーンにおいて、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド北部のラップランド地方(Lappland)の先住民サーミ人(Same)の伝統歌謡・歌唱法ヨイクは非常にマイナーなものであり、伝統音楽の範疇でしか今までは扱われてこなかった……
read more